ナヤミックス.biz

ナヤミックス.biz

バストアップの色々な方法!【食べ物やサプリの効果は?】

バストアップの方法には食べ物やサプリメントなどの方法から、専用クリームやバストアップブラなどがあります。効果は個人によっても様々なのでマッサージやエクササイズでも効果を感じる口コミがあります。

Fotolia_70975978_XS-min

バストアップの方法はネットで色々でてたりしますね!マッサージからエクササイズ、ツボなどの対策から、食べ物やサプリ、そしてバストアップブラや専用クリームなど様々な方法があります。口コミを参考にしながら自分にあったバストアップ方法を試してみましょう。

バストアップの方法とは?

女性であれば、誰もが悩む種のバストですが、なかなか自分の理想のバストにはなれず、苦労している方も多いと思います。

Fotolia_63924172_XS-min

形はいいのに大きさが足りない、それなりに大きさは十分だけど、垂れているような気がすると悩みは尽きません。

そこで、綺麗なバストを手に入れる為の方法をいくつか見つけました。

大きく分けると、マッサージやエクササイズなどの外側からアプローチする方法と、サプリメントや食事等など、身体の内側からアプローチする方法と二つあります。

Fotolia_76229235_XS-min

その他細かい事ですが、バストアップに良いとされるクリームを使用してみたり、補正下着やバストアップグッズを使う方法もあります。自分の性格やライフスタイルに合わせて、自分に合った方法を見つけ、毎日こつこつ継続していく事がバストアップする秘訣とも言えるでしょう。

バストアップに良い食べ物は?

バストアップには、良いとされる食べ物の噂が後を立ちません。

キャベツを食べると大きくなったとか、から揚げがいいらしいなど、どれが正しい情報か分からなくなりますね。バストアップに欠かせない、というよりは女性らしい柔らかい体つきにする為に必要なのは「女性ホルモン」です。

乳腺の発達など生殖器関連の発育と促すホルモンが「エストロゲン」になります。

このエストロゲンの作用を促す食物えお摂取する事でバストアップを図れます。この必要な食物は良性な蛋白質が必要です。

まず、鶏肉です。高蛋白な鶏肉はバストの形成を促してくれます。

Fotolia_60894290_XS-min

そして有名な大豆。

Fotolia_71022043_XS-min

大豆内に含まれるイソフラボンはエストロゲンと同じ化学構造をしている為、女性ホルモンと同様の作用をもたらします。

またキャベツ内に含まれる「ボロン」という栄養素も大豆同様、女性ホルモンの働きを助成してくれます。

Fotolia_37967713_XS-min

代表的なのはこの三つですが、他にも代謝を促進する根菜類、高蛋白でアミノ酸豊富なマグロ、血行促進作用があり、ビタミンEが豊富に含まれるアボカドなどがあります。

バストアップブラの効果は?

バストアップブラを購入する際に注意している事はどんな事でしょうか、口コミやサイトの画像は当てにしてはいけません。

Fotolia_77914532_XS-min

まず自身が正しいサイズの下着を着用しているか、正しい食生活や正しい姿勢をしているか、個人の総合的な生活習慣が大きく影響する為、口コミだけを信じて購入してしまうと、それに頼りきりになってしまいます。

最近では、大胸筋のストレッチ機能があるものや、横や背中、二の腕などに流れたお肉を寄せる機能があるもの、姿勢を矯正してくれる下着と様々な機能付きブラがあります。

バストアップブラのみで効果は得られにくい事が多いですが、あくまで補助として使用する事が効果を実感するのではないでしょうか。また正しいサイズのブラを正しく着用するだけでバストがアップしたという事もあるので、一度ランジェリーショップ等で指導を受ける事も必要です。

おすすめのクリームは?

バストアップクリームとは、身体の外側からアプローチしてバストアップを助ける為のクリームです。

Fotolia_62167340_XS-min

バストに良い成分が入っているから塗れば安心という訳でもありません。その成分がバスト内に浸透しない事には意味はないのです。

そこでバストアップクリームに必要な事はどれだけ成分が浸透するかという点に着目しましょう。肌に馴染みやすく伸びがよくやわらかい物が良いでしょう。また直接肌につけるものですので、安全性も大事です。

肌に良い成分が入っているかも重要なポイントです。

そして何より価格も大事ですね。バストアップクリームの効果も個人で違いがあります。早くに効果が出る人もいれば、数ヶ月かかる方もいるので、継続して使う為にも価格は大事です。様々なバストアップクリームがありますので、インターネットなどの口コミや成分を自分で調べて、試していく事が必要です。

マッサージで大きくなる?

まず、人間の身体にはリンパ管と呼ばれる管が沢山あり、心臓を中心に網の目のようにあります。

このリンパ管の中を流れているリンパ液は老廃物や疲労物質を流してくれる働きを持ちます。このリンパ液が流れない事で栄養素も流れにくくなり、血行不良も引き起こしてしまいます。

Fotolia_68294236_XS-min

バスト周辺にはこのリンパ管が非常に多く、マッサージを行う事で、リンパの流れを良くし、老廃物などを取り除いてくれ、血行不良の予防にもなります

血行を良くするという事は、バストに必要な栄養素やホルモンをスムーズに運んでくれるのです。

またサプリメント等の吸収も良くなります。バストアップのマッサージはバストだけに効果を発揮するだけでなく、バスト付近に多くのリンパ管が存在する事から全身の血行改善も見込めるのです。バストマッサージはまさに一石二鳥なのです。

筋トレは効果的なの?

バストは脂肪でできています。

Fotolia_63924177_XS-min

その為、筋肉トレーニングをしなくても良いという考えは間違いなのです。

それは、バストの土台には大胸筋という筋肉が存在するからです。土台をしっかり強化する事で、バストのたるみを予防する事が出来ます。

また、大胸筋を鍛える事によって、バスト周辺の血流量が増し、バストへの栄養素がスムーズに流れます。またそれと同時に柔らかいバストが引き上げられ、たるみ防止と共に、ツンと上を向いた魅力的なバストが出来上がります。

また胸の内側の筋肉を意識して鍛える事で、乳房同士の間を狭くする事が出来ます。

しかし、注意点があり、バストは先述で述べた通り、脂肪で出来ています。

Fotolia_72490904_XS-min

基本的に筋肉トレーニングは脂肪燃焼効果も期待できるので、鍛えてばかりだと、胸の脂肪まで燃焼してしまい、サイズダウンしてしまう事も懸念されます。やりすぎには注意しましょう。

ツボはある?

バスト付近にはリンパ管が多く存在すると述べましたが、リンパ管だけでなく、ツボも沢山あるのです。

バストは脂肪でできていますが、全身に脂肪はついて欲しくないですよね。そこでバストだけ成長するような代表的なツボが四つあります。上手なバストアップを図るには、女性ホルモンを刺激するツボを押す事で乳腺の発達を促す事が出来ます。

また女性ホルモンが活発になると、バストアップだけでなく、美肌効果もあり、一石二鳥です。

  1. だん中と呼ばれるツボで、左右の乳首を結んだ中心で押すと少し痛い所がだん中です。ここは女性ホルモンを活発にしてくれるツボです。
  2. 乳首と同じ横のラインの高さで乳房の外側にある天渓と呼ばれるツボです。これは乳腺の発達を促してくれるツボになります。
  3. 乳首から10センチ程下の外側の脇の下にあるえんえきと呼ばれるツボです。えんえきは血行と姿勢を良くしてくれるツボになります。肌にハリが出てきたり、姿勢を正しくキープする手伝いをしてくれるツボになります。
  4. 乳首から指二本分位、真下にある乳根というツボです。このツボは女性ホルモンをアップしてくれるツボであると同時に、リンパの流れが改善できるツボです。また母乳の出もよくしてくれるツボでもあります。

です。

手軽にできますので押してみてはいかがでしょうか。

豆乳は良い?

バストアップに良いとされる食品で、大豆製品があげられます。

大豆製品でも、特に注目を集めているのが豆乳です。

Fotolia_70149771_XS-min

豆乳には、大豆イソフラボンが多く含まれていて、その大豆イソフラボンは、女性ホルモンでバストアップに効果のあるエストロゲンと似た働きをする為、豆乳を飲用する事で、胸のハリや潤いを保つ事が出来るのです。

豆乳にも

  • 無調整豆乳
  • 調整豆乳
  • 豆乳飲料

と種類がありますが、一番イソフラボンが多いのは無調整豆乳でしょう。

しかし、いくらイソフラボンが多いからと過剰に飲用してはいけません。

Fotolia_43933537_XS-min

一日のイソフラボンの摂取量は一日70~75mgが目安と言われています。過剰飲用する事で生理周期の乱れや出血過多などの悪影響が出る事も予想されます。大豆イソフラボンは豆乳だけでなく、豆腐や納豆や味噌などにも含まれているので、和食生活を送るだけでも十分なイソフラボンを摂取している事になります。

おすすめのサプリは?

バストアップに欠かせないのがエストロゲンなどの女性ホルモンになります。

その女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があるとして、近年女性に人気な成分が「プエラリアミリフィカ」という成分です。

プエラリアミリフィカはミャンマーやタイ地方に自生しているマメ科クズ属の植物です。

このプエラリアは大豆イソフラボンより強いエストロゲンの作用があると言われています。大体のバストアップサプリにはプエラリアが含まれています。高品質なものを選ぶ事が必要です。

しかし注意点も多く、プエラリアはそのエストロゲン作用の強さから女性ホルモンのバランスを乱してしまう悪影響も考えられるのです。

またエストロゲンが強すぎてしまうと、乳がんや子宮がんのリスクを高めてしまうというマイナス要素もあります。その為、バストアップサプリばかりを頼る事は辞め、正しい食生活やマッサージ等えお行い、その補助という役割で摂取しましょう。

おすすめのエクササイズは?

バストアップには食事、姿勢、筋力トレーニングに加え、エクササイズも重要です。

簡単に行えるエクササイズで、バストにアプローチをかけていきましょう。

まず姿勢という点に着目しましょう。

肩が凝っていたり、肩甲骨が柔軟でないと姿勢が悪くなってしまい、バストが下垂してしまい、形も崩れてしまいます。

Fotolia_35055472_XS-min

肩こりや肩甲骨の柔軟性をアップするには、簡単な方法として肩回しがあります。この肩回しと行うだけで肩甲骨内側の筋肉が緩み、血行循環が良くなるのです。肩甲骨周辺の血行がよくなる事で、バストへの血行もよくなると同時に姿勢も良くなります。

また、通勤通学時にバスや電車を使う方はつり革を使ってエクササイズしましょう。

つり革を使い、肩をぐるぐる動かし血行循環を良くします。またその際に背筋を伸ばせます。背筋を伸ばすだけでバストは上向きになりサイズアップが図れます。このようにながらエクササイズでバスト周辺の筋肉などにアプローチをかけていきましょう。

口コミでみるバストアップ方法は?

バストアップには個人の生活習慣や体質が多く関係しています。

食事療法だけでバストアップする人もいれば、何をしても効果がない人もいます。

Fotolia_82523380_XS-min

バストアップで一番手っ取り早く効果を実感するのは豊胸手術だという人もいました。

Fotolia_92829458_XS-min

確かに見た目も時間もかからず一番実感するのは豊胸手術かもしれませんが、お金がかかったり、メスをいれる事に恐怖があったりと少数派な意見でした。

一番多かった口コミはサプリメントでしょう。

Fotolia_52143441_XS-min

グラビアアイドルや芸能人が服用しているとうたっているものを、購入し、服用しているという口コミも多く、数ヶ月したら大きくなったなど効果を実感する人もいればそうでない人もいます。大体の人が、短期間かつ簡単に行えるようなものに手を出し、実感しないままやめてしまうという人もいました。

その他には手術もサプリも嫌という人は、食べ物に注意していました。食生活を見直す事に加え、エクササイズや筋力トレーニングを主に行い、補助として安全性の高いクリームやマッサージをしているという細かく全てを上手く取り入れている人もいました。

口コミだけで手を出すのではなく、自分の性格や生活習慣にあったやり方を見つける事が重要です。

バストアップの色々な方法!【食べ物やサプリの効果は?】のまとめ

手っ取り早くバストアップするための方法はやはりリスクがあるといえますので、まずは今できる食べ物やマッサージなどの方法からバストアップを目指してみてはいかがでしょうか。サプリの人気は非常に高いです。

男性におすすめの記事

More
Return Top