ナヤミックス.biz

ナヤミックス.biz

女性のデリケートゾーンのにおいの原因は?【専用石鹸が良い!】

女性のデリケートゾーンのにおいにはどんな原因があるのでしょうか。自分では気づきずらい場所のにおいなので対策が遅れることがあります。デリケートゾーン専用の石鹸などで対策することが良いとされていますが、口コミではどのような方法でにおい対策をしているのでしょうか。

Fotolia_68770524_XS-min

女性のデリケートゾーンのにおいの原因にはきちんと洗えてないことから起きるにおいから、性の病気の可能性もあります。自分ではきちんとデリケートゾーンを洗えているつもりでも、そうではないこともありますので、入浴時に専用石鹸で丁寧に洗ってにおい対策をしてみてはいかがでしょうか。

女性のデリケートゾーンのにおいの原因は?

女性ならば、体臭に気をつけて念入りにデオドラントしている方も多いかと思いますが、デオドラントできない部分でもあり、意外と自分で気がつかないのがデリケートゾーンのにおいになります。

勿論、普通に生活していて周りの人もなかなか気がつきませんし、顔から遠い場所でもあるので、自分でワザワザ嗅いでみようとも思わないですよね。

Fotolia_77914532_XS-min

やはり、気がつかない場所だからこそ、原因も分かりにくいのですが、もしもにおいがあるとしたら、原因としてまず考えられるのは、奥まった部分がきちんと洗えていない為に、性器が清潔に保てず雑菌が繁殖して、におうケースです。

Fotolia_64143856_XS-min

そして、生理でナプキンを使用している場合に、仕事等で長時間変えられなかった為、経血で蒸れたり不潔になってにおう事もあります。

においには、女性特有の理由があると考えられます。

Fotolia_76229235_XS-min

そして、意外と多いのが男性との性交で、相手の指や、性器から感染した菌が繁殖して本人も気がつかないうちに性病を引き起こしているケースです。このような場合は、自分でも体育座りをした時に分かる程、かなり強めにデリケートゾーンがにおっている場合があります。

女性のデリケートゾーンのにおいの対策法は?

デリケートゾーンのにおいを消すには、根本的に雑菌が繁殖しないような環境をつくらなくてはなりません。

Fotolia_85090355_XS-min

まず、お風呂に入った時には必ず念入りに、デリケートゾーン専用の皮膚に優しい石鹸を使い、奥まった部分をきちんと洗う事が大切です。

Fotolia_55448763_XS-min

女性は膣の中を自浄洗浄できるように、おりものが出てきますが、実はおりものが原因でにおってしまう人もいるのです。

膣の中から出てきたおりものには、雑菌等が混じっていますから、それを放置しておくと生理中でなくても蒸れ易くなり、においの原因になります。

このような事態を防ぐ為には、おりものが多くなる排卵日付近には、おりものシートをパンツに装着しておき、汚れたらこまめに取り替えると、おりものの不快感からも解放されて快適に過ごせますし、においも軽減されるでしょう。

また、排便の際に後ろから前に向かってふく癖のある方は、ビデを使ってデリケートゾーンを洗浄したり、前から後ろに向かってふくのをお勧めします。

Fotolia_22912749_XS-min

意外と排便後のふきかたがデリケートゾーンのにおいの原因になっている場合がありますので、注意が必要です。

とにかく雑菌を繁殖させないことで、においの元を作らない事を心がけましょう。

かゆみとの関係は?

デリケートゾーンのにおいは、実はかゆみとも連動している場合があります。

Fotolia_68762372_XS-min

男性との営みの際に、デリケートゾーンがにおうねと、指摘された女性が、気がつかないうちに痒みも伴う性病を発病していたなんてケースもあるほどです。性病には、強烈なチーズのようなにおいを放つものがあり、更に痒みを伴う場合は、クラミジアや膣カンジダ等が疑わしいかもしれません。

Fotolia_22948897_XS-min

デリケートゾーンのにおいに気がついた時に、直ぐに薬局で市販されている、塗り薬等のお薬で治れば何の問題も無いのですが、それでも痒みが治まらず、清潔に洗っても一向ににおいが治まらない場合は、性病の可能性があります。

この様な場合は、自分で治すことはできません。

病院で抗生物質等のお薬を処方してもらわなければ、余計に悪化してしまい、不妊症や他の病を引き起こしたり、パートナーや家族に病気を移してしまう事態に陥ってしまいます。

性病になってしまった場合、一度とやってしまうと何度も癖になる方もいますし、治るまでにかなり時間がかかる場合もありますので、痒みとにおいがセットである場合には、必ず医師の診察を受けるのをお勧めします。

脱毛が関係?

デリケートゾーンのにおいは、脱毛する事でかなり軽減されると言われています。

その理由はデリケートゾーンを脱毛する事で、

  • 生理中の蒸れを軽減
  • デリケートゾーンを洗い易くなる
  • 排泄の際にも拭きやすい
  • より清潔に保つ事ができる

などがあげられます。

勿論、陰毛があることで守られている場所もありますが、余分な無駄毛に関しては脱毛しておいた方が、雑菌の繁殖を抑えられると言う部分でとてもお勧めです。

Fotolia_68312119_XS-min

また、においを気にされる方で現在妊娠中の方もいらっしゃると思いますが、妊娠中は乳首の色も濃くなったり、陰毛も固くなる場合があります。

Fotolia_42624019_XS-min

これは菌から体を守ろうとメラニンが自然と濃くなって起きる現象です。しかし、妊娠中は体を洗うだけでも大変なのに、デリケートゾーンまでにうまく手が届きません。

意外と妊娠中、自覚の無い性病は多いと言われる由縁です。

やはり妊娠中は病院に行く機会も増えますので、においは気になりますよね。あらかじめ妊娠初期の段階から、脱毛しておくことで、おなかが大きくなっても清潔に保ち易い環境を作っておくことが大切なのかもしれません。

もしかして病気?

デリケートゾーンのにおいと病気ですが、前にも記してありますように、性病がにおいで分かる事があります。

Fotolia_77916010_XS-min

まず、においで分かる性病は、パートナーとの性交渉の最中にくさいと指摘されたと言うケースが、かなり多いようです。性病の菌が最も移り易いのが、性交渉であるのに、病気がわかるのも性交渉の最中なんて、とても皮肉な話ですが、実際に男性が我慢していて、発見が遅れてしまうこともあるので注意が必要です。

においを放つ性病として、

  • クラミジア
  • 膣カンジダ
  • トリコモナス
  • 淋病

が代表的ですが、これらの病気にはパートナーの指や性器から拾ってしまった菌や、また何かの原因で菌の繁殖が活発になり発病するものもありますので、デリケートゾーンから、強烈なにおいがしてきた場合には、この4つの病気をまず疑ってみるべきかもしれません。

そして、一般細菌と言われるものにも細菌性膣炎や、すそわきがと呼ばれる、わきが臭がデリケートゾーンからにおうと言った一風変わった病気も存在します。

これらは、体が弱っているときや、思春期、妊娠中、更年期等、ホルモンバランスが崩れる時にかかり易い性病になりますので、体を清潔に保つだけじゃなく、食べ物や睡眠、ストレスを溜めない生活を心がける事が、病気の予防になるでしょう。

どんな石鹸を使えばいい?

もしもデリケートゾーンがにおってしまった場合、やはり性器をしっかりと石鹸やボディソープで洗って、そのにおいから解放されようとする方がほとんどですが、実はそれが原因でますますかぶれや炎症を引き起こしてしまう場合があるので注意が必要です。

Fotolia_33202961_XS-min

デリケートゾーンは、思った以上に皮膚が薄く、刺激に弱い場所になりますので、低刺激なデリケートゾーン専用の石鹸を使い、しっかりと泡立てたものをアンダーヘアの表面と大陰唇に乗せて、指の腹を使い徐々に内部へと、優しく洗い進めて下さい。

特に内部の大陰唇と小陰唇も、垢が溜まりやすい場所ですから、デリケートゾーン専用の石鹸を使い、優しく汚れを落としてしまいましょう。

Fotolia_86763750_XS-min

膣に関しては、ビデ等で中を時々洗ってあげるとよいですが、基本は自浄作用がありますのであまり指で強く洗う必要はありません。そして、肛門も雑菌が溜まりやすい場所ですから性病予防の為にも優しく汚れを落として下さい。

これをきちんと続けるだけでも、デリケートゾーンのにおいの発生は抑えられます。

しかし、ボディソープや石鹸で強く擦ったりするのはだけは避けて下さい。なるべくならデリケートゾーン専用の石鹸を使われるのが体にも優しいかと思います。

口コミでみる対策法は?

近頃は、口コミでデリケートゾーンのにおいを消すには、どのようなアプローチを皆さんが行っているのか耳にする事があります。デリケートゾーンのにおいは、誰にも言えない悩みでもありますので、女性ならばこっそりと知りたいものですよね。

最近、口コミで良く聞かれるのは、赤ちゃんの肌でも使えるような弱酸性の石鹸や、デリケートゾーン専用のボディソープ、石鹸を使って洗う方法です。

昔よりも石鹸の種類も大変増えており、天然成分のみを使用した石鹸もあるそうです。これらは香りも人工的ではありませんし大変良いので、彼氏やご主人にバレる事も無く、デリケートゾーンのにおいを消してくれると評判です。

そして、ウエットテッシュや携帯用ビデを持ち歩き、トイレでこまめに拭いたり洗浄したりする方も多くいらっしゃるようです。デートの前はなかなかお風呂に入れませんので、このような方法で簡易的に、においの対処をされるのも良いかもしれません。

デリケートゾーンと言えば、最近ではVIO脱毛が流行していますが、口コミではこのVIO脱毛を施している方も多く見られます。

スッキリと脱毛する事で、通気性を良くして、においの原因と言われている蒸れを解消し、性器の細かい部分まで洗い易くなるので清潔になり、においの元から絶つ事ができるようです。このように、口コミ等を参考にして、におわないデリケートゾーンを目指していきたいものですね。

女性のデリケートゾーンのにおいの原因は?【専用石鹸が良い!】のまとめ

においというのはとても気になりますね。まして他人のにおいならとても気になるものです。もしデリケートゾーンのにおいが気になっているなら、今日からでも対策をしていくことが良いでしょう。

男性におすすめの記事

More
Return Top