ナヤミックス.biz

ナヤミックス.biz

包茎手術の痛みと費用は?【自分で治す方法もアリ】

包茎手術を受ける時にはどのような痛みがあり、手術費用にはどれくらいかかるのでしょうか?包茎には軽いものから深刻なものまでありますので、手術が必要な場合もありますが、メリットとデメリットは把握した上で受けましょう。

Fotolia_78823386_XS-min

包茎手術が必要な場合とそうではない場合の違うとは一体どんなものなのでしょうか?また包茎手術の痛みや費用などはどれほどなのでしょうか?自分でも治す方法もありますが、確実なのは病院での手術になりますが、まずは勇気をだして相談することから始まります。恥ずかしいのは最初だけです。

包茎とは?

男性の悩みの一つとなるのが包茎です。

包茎になっているだけで恥ずかしいと感じてしまい、彼女に見せたくないと感じてしまうほどです。自分は包茎なのか違うのかわからない人にとって包茎はどのような状態になっているのかが気になります。

では包茎はどのような状態なのでしょうか。

通常、男性器は亀頭部分は皮をかぶっていない状態となります。

しかし亀頭部分に皮をかぶってしまっている状態になることがあります。この皮をかぶっている状態なのが包茎です。

包茎にも種類があるのですが、勃起した時でもかぶっている状態が真性包茎と言われていて、危険とも言われています。常に皮がかぶっていてキレイにすることができません。それにより病気になる可能性が高まっていますので、手術等の治療が必要となります。

見た目だけでなく包茎の状態により危険となりますので、自分はどうなのかを判断して治療が必要としているのなら治療しましょう。

包茎の原因は?

包茎は誰でもなるわけではなく、通常の状態の人もいらっしゃいます。

誰でもなるわけではないからこそ、包茎になってしまう原因があります。ではなぜ包茎になってしまう人がいるのでしょうか。

包茎の原因としているのが、包皮の長さです。

男性器にある皮を包皮というのですが、包皮はその人によって長さが違っています。包皮の長さが適度なら通常の状態となるのですが、長すぎてしまうと通常時に包皮が余ってしまうためかぶっている状態となります。

また勃起している状態でもまだ包皮が余ってしまう場合があり、その場合真性包茎と言われる状態となります。

さらに、包皮の口の部分が狭くなっている人もいらっしゃいます。この場合、皮が余っていなくても亀頭を出すことができない状態になるため、この場合でも包茎となります。

包茎は病気ではないけれども、場合によって治療が必要としていますので、治療が必要としている包茎ならなるべく早く治療をしてください。

自分で治す方法は?

包茎は手術することで解消を可能としているのですが、手術だけが解消方法ではありません。

Fotolia_85968623_XS-min

手術することなく自分の力だけで解消することも可能としています。ではどうすると包茎を自分で治すことができるのでしょうか。

一番多い仮性包茎は、勃起するときはかぶらない状態になるので、自分で治すのは難しくありません。包皮の長さ自体変えることができませんが、常にかぶらない状態にすることができます。かぶらない状態にするためには、癖をつける必要があります。

常に意識してかぶらない状態を作っておくことで、徐々にですが癖がつき常にかぶらないようになります。

真性包茎やカントン包茎でも解消を可能としているけれども、解消できない場合もあります。包皮の口を温めながら徐々に広げていくことで仮性包茎の状態にできます。それから仮性包茎から通常状態にする方法を行えば解消が可能です。

ただし、誰でも解消可能としているわけではなく、包皮の状態により解消不可能となることもあります。その場合手術が必要となりますので、覚えておきましょう。

包茎手術は?

包茎を治すための方法の一つになるのが手術です。

自分でも包茎を治すことができるけれども、確実な方法ではないため手術して治療することが必要な場合もあります。では包茎手術はどのようなことをするのでしょうか。

包茎手術にはいくつかの方法があります。

メスを使用して包皮を切除して適切な長さにする方法があります。

Fotolia_33766547_XS-min

これは昔から行われている方法ですが、今はメスを使用しない方法もあります。

縫うことによって癖をつけるようにして行う手術方法もありますし、接着剤を使用して行う方法もあります。いろんな方法があるのですが、それぞれメリットデメリットが存在しています。また包茎の状態によってメスを使用しなければいけない場合もあります。

包茎手術のことをより詳しく知るようにしてから、行うのかどうかを検討してください。

手術の必要がある?

包茎の人の多くは手術しようかどうか検討したことがあるのではないでしょうか。

それほど悩みになるのですが、ただ包茎手術が必要としているのかどうかが気になるところです。

では包茎だった場合手術は必要としているのでしょうか。

包茎によって手術を必要としている場合もありますし、そのまま放置していても大丈夫な場合があります。

まず手術を必要としているのがカントン包茎です。カントン包茎は包皮の口が亀頭を締め付けている状態になるため、血液の流れを遮断してしまいます。そうなると最悪壊死することもありますので、手術が必要となります。

真性包茎は絶対必要としているわけではありませんが、状況により手術する必要があります。真性包茎は不衛生になることが多く、病気になりやすいです。

病気にならないためにも治療する必要がありますので、不衛生になりがちなら手術してください。仮性包茎は衛生面は問題ありませんし、壊死するようなこともありませんのでそのまま放置しても大丈夫です。

自分の包茎状態を知りそれから手術するのか放置するのかを決めてください。

包茎手術は痛くない?

手術となると痛いイメージがありますし、何かあるのではないかという怖いイメージもあります。

Fotolia_101345359_XS包茎手術も同様で痛いイメージがありますので、実際痛いのか痛くないのかが知りたいところです。では包茎手術は痛みがあるのでしょうか。

包茎手術は手術中は痛みが出ることはほとんどありません。

メスを使用したり縫う行為をする場合、部分麻酔をしますのでその時は痛みが出ません。しかし、麻酔が切れてしまった場合痛みが出てしまいます。

包皮には神経が集中しているため、皮だとしても痛みが出てしまいます。

麻酔が切れてしまい傷口が落ち着くまで痛みが出てしまいますので覚えておきましょう。ただ、手術方法によってあまり痛みが出ない場合もあります。

特に接着剤を使用する方法は、メスを使用していませんし縫うこともなくただ接着しているだけですので、あまり痛みが出ません。痛みが出てしまうのはどうしても嫌と考えているのなら、痛みがなるべく出ない方法で手術してもらいましょう。

バレることはない?

包茎が治ったとしても手術をしたとバレてしまうのでは、恥ずかしさに違いが出ません。

Fotolia_68849062_XS-min特に手術となるとバレてしまうのではないかと心配になります。では包茎手術はバレてしまうことがあるのでしょうか。

包茎の手術方法によってバレてしまう可能性が高まります。

特にメスを使用している方法はバレてしまう可能性があります。メスを使用して無駄な包皮を切除する方法は包皮がいびつな状態になることがあります。

また、傷口を完全に消すことは非常に難しいため、どのように切開しているのかによってバレてしまう可能性が高まります。

バレないように包茎手術をしようと考えているのなら、出来るだけメスを使用しない方法がおすすめです。ただし、メスを使用しない方法にもデメリットがありますので、デメリットをよく理解してから検討してください。

気になる料金は?

包茎手術を検としている人にとって一番知りたいのが料金です。

Fotolia_78175511_XS-min料金によってしたくてもできない場合もありますし、料金とリスク面を天秤にかけた場合難しいと感じてしまうこともあります。では包茎手術はどのくらいの料金でできるのでしょうか。

料金はクリニックそして手術の方法によって違ってきてしまいます。

高い場合10万円程度必要としていますし、安いと3万円程度でできます。そして、包茎の状態によって保険が適応されることがあります。

特にカントン包茎になると危険度が高いため、見た目で治すのではなく病気治療と判断され保険適応となります。保険が適応されればさらに安くなってきますので、カントン包茎は安全面を考えて手術することをおすすめします。

もし10万円ほど必要としていてそれが高いと感じているのなら無理にすることはありません。

仮性包茎ならそのまま放置していても大丈夫ですので、見た目だけの問題です。よく考えてからどうするのかを決めるようにしてください。

やっぱり恥ずかしい?

包茎手術すること自体が恥ずかしいと感じてしまうのではないかと考えてしまいます。

確かに大事な部分を見せること自体恥ずかしいことなのですが、しかし考え方を変えることで恥ずかしくありません。病気をした時、恥ずかしいと感じることなく手術してもらうことができます。

包茎は病気ではないけれども、それを病気と考えれば恥ずかしくなくなります。実際、包茎の種類によって危険と判断し手術を必要としている場合があります。そうなると見た目だけの問題ではなく病気の一種となりますので、恥ずかしいと言ってためらっていられません。

真性包茎でも仮性包茎でも同様です。

包茎を一種の病気と考えることで、手術が恥ずかしいと考えないようになりますので、恥ずかしいと考えているのなら考え方を変えてみてはいかがでしょうか。

デメリットは?

包茎手術は、見た目が良くなるそして不衛生な状態を良くすることができるなど多くのメリットがあります。しかしメリットだけではなく包茎手術には大きなデメリットが存在しています。

ではどのようなデメリットが存在しているのでしょうか。

メスを使用して行う場合、包皮が短くなりすぎてつっぱる感じが出てしまうことがあります。

切除していると伸ばすことが難しくなるため、元通りにすることができません。また化膿してしまい、さらなる治療が必要とすることもあります。

メスを使用しない場合、すぐに元通りの状態になりやすいのがデメリットとしてあります。手術によくあるデメリット、そして包茎手術ならではのデメリットがありますので、そこを理解してから検討しましょう。

口コミでの感想は?

包茎手術をして実際どのような状態になるのはやってみないとわかりません。実際どうなのかを知るためにも、実際におこなった人の口コミを参考にすることがおすすめです。

では包茎手術をした人の口コミの感想はどのようになっているのでしょうか。

包茎手術をした人の多くは、見た目が良くなってやってよかったと感じている人は多いです。

Fotolia_45173934_XS-min

ただ、見た目は良くなったけれども性行為に関して不満が出ている人が多いです。特に仮性包茎の人の多くは、気持ちよさが少なくなったとしています。

これは包茎手術の方法によってですが仕方がない部分でもあります。包皮を切除した場合起こりうる症状です。包皮には神経が集中しているのですが、切除して短くしてしまうと神経も少なくなります。

感じることができる神経が減れば、当然気持ちよさも減ってしまいます。

性行為に関してもデメリットがありますので、気持ちよさをとるのかそれとも見た目をとるのかよく考えてください。

包茎手術の痛みと費用は?【自分で治す方法もアリ】のまとめ

包茎だけではなく、どんな手術にもリスクはつき物ですが、包茎の場合、すぐに行わなければならないものと、そうではない場合があります。後者の場合には、じっくりと考えた上で手術に踏み切った方が良いです。

男性におすすめの記事

More
Return Top