ナヤミックス.biz

ナヤミックス.biz

iラインのムダ毛処理方法は脱毛?【黒ずみや臭い対策も!】

iラインはムダ毛の処理や脱毛方法、そして黒ずみや臭いなど気になることが多いですよね。ただiラインはとてもデリケートな部分でもありますので脱毛などの処理は慎重に行う必要があります。

Fotolia_68002508_XS-min

iラインの脱毛をお考えの方は自分でせずにプロに任せる方が良いでしょう。iラインの処理は脱毛だけではなく、においや黒ずみなどの対策も気になることろです。iラインのトラブルの原因と対策法をご紹介しております。

iラインとは?

iラインとはアンダーラインの中でも女性器周りを指し、最近では海外セレブだけでなく日本の女性の間でも脱毛処理を行う部位として一般化されつつある部位になってきているといえます。

日本の女性の間でもiラインの脱毛を行う理由としては、海外の下着の流通の一般化されてきた事による

  • 「ヘアのはみ出しを防ぎたい」
  • 「パートナーとの夜の営みを楽しみたいから」
  • 「月経中の蒸れや匂いといった不快をなくしたいから」

といったものが多いようです。

ただ、場所がデリケートな部分だけにセルフケアはあまりよろしいものではないとされていますし、基本的に本当に処理をしたいと思うのならばプロに頼んだほうが無難です。

Fotolia_76229235_XS-min

中には処理しすぎて恥ずかしい思いをしたといった後悔が多い部位であるともいえるようです。

iラインの処理方法は?

iラインは場所が場所なだけに恥ずかしいという理由から自己処理をする人が非常に多いと思います。

Fotolia_70483334_XS-min

その主な方法は、

  • カミソリや電気シェーバーを使ってジョリッと剃ったり
  • 痛みを我慢しながら毛抜きで丹念に1本ずつ抜いたり
  • ハサミやアンダーヘア用のヒートカッターでカットしたりといった原始的なものであったり
  • 脱毛クリームで溶かしたり
  • 自宅用脱毛器で処理したり

といったエステから程遠い方法から近い処理方法もだいぶ増えてきました。

Fotolia_81753084_XS-min

しかし、自己処理による脱毛方法は肌への悪影響がとても重く、炎症や埋没毛、色素沈着などを起こすのであまりおすすめはできません。

Fotolia_68214376_XS-min

自身の身体の事は自分が一番分かってるなんて買いかぶりすぎないほうが良いといえるでしょう。

また、エステでは何かと抵抗を感じやすいかもしれませんが、最近は低価格化していますし、全身脱毛の一部などに組み込まれている事が多いので昔よりも大分気軽に行きやすくなったといわれています。

においのお手入れも大切?

iラインのお手入れは、何も脱毛だけではありません。

中には生理の時とは違う不快なにおいを感じたり、黒ずんでいて遊んでるように思われちゃうんじゃないかと感じる人も少なくないのではないでしょうか?特ににおいは男性ウケも悪いので、彼に嫌われない為にも改善したいですよね。

Fotolia_68770524_XS-min

参考⇒女性のデリケートゾーンのにおいの原因は?【専用石鹸が良い!】

もちろん、脱毛で毛を少なくする事で軽減化することも出来ますが、中には病院に行かねばならない性病という場合などもありますから、自己判断に頼り過ぎないお手入れ方法を心掛ける事が大事であるといえるでしょう。

Fotolia_77916010_XS-min

においを抑えるお手入れ方法は、原因である雑菌を増やさない事が一番の策だといえます。その為にはiライン周りの高温・多湿を避けることが大事。

経血が気になる生理中はもちろんの事、ナプキンをこまめに代えて雑菌の栄養となってしまうおりものや尿、汗やアカの増殖を抑えるよう心掛けましょう。

黒ずみの原因は?

iラインの黒ずみの原因は、基本的に下着による摩擦、間違った脱毛方法といったものが考えられます。

Fotolia_22948897_XS-min

また、そもそもの原因として、日本人を含む黄色人種やアフリカ人など黒人は、アメリカ人などの白人と違い有色人種と呼ばれ色素が元々濃い人種です。その為、ポルノ映画に出てくる白人のように乳首やアンダーラインが綺麗なピンク色という事はまずありえないという事を念頭におけば、少しは気も紛れてきませんか?

もしそれでも、昔からの都市伝説で性行為をすると黒ずみがひどくなるといわれているので、陰部を見せた瞬間パートナーにドン引きされたらどうしようなんて思うのならば、最近では色を少しでも薄くできるクリームなんかもありますから活用してみてはいかがでしょうか?

色素沈着が起こりやすい場所

iラインは、医療用語でいう大陰唇と呼ばれており、最もデリケートで色素沈着が起こりやすい部分だといわれています。

色素沈着は皆さんご存知の

  • シミ
  • そばかす
  • ホクロ

などの原因となるメラニンの放出で起き、その放出量と女性ホルモンは密接なバランス関係によって大きく左右されます。

特に色素沈着が進行するのは、女性ホルモンが大量に放出される思春期。その為、人によっては処女だってiラインは黒くなっちゃうので、「黒いのは遊んでる証拠だ」なんていう男子には丁寧に教えてあげましょう。また、女性ホルモンが変化しやすい産前産後や閉経時なども色素沈着しやすい時期だといわれています。

これらは自然の理なので対策しようがありませんが、もし気になるのならば美白クリームなどを活用するといいでしょう。

脱毛は痛い?

iラインの脱毛方法はだいぶ進化し、より痛みが少なく安全性の高いものになってきました。

エステや脱毛サロンでは、カメラのフラッシュのような光脱毛が一般的で、病院やクリニックのレーザー脱毛とは違い照射出力が弱い分痛みも軽めです。しかし、中にはホクロや特に色素沈着が起きている部分には強く反応する事もあり、輪ゴムでパチンとされたような痛みが出る事も少なくありません。

ではクリニック系で使うレーザー脱毛はどれだけ強いのかというと、まぁこれは痛みへの我慢度がどれだけ強いかという個人差が最も出るところかと思います。

麻酔薬の入ったクリームを最初に塗布される事もあるようですが、もしそれでも痛みが出た場合には施術師に即相談し、出力を下げてもらうようにしましょう。iラインは特にデリケートで肌トラブルが一番起こりやすい場所なので、絶対我慢はしないで下さい。

脱毛回数は?

エステでiラインの脱毛を行う際の回数は、大体6~10回だといわれています。

なんでこんなに差があるの?と思いませんか?

Fotolia_63929444_XS-min

それはもちろん、毛の量も脱毛する範囲も個人差があるからです。

まず始めに、毛の量が多ければそれだけ結果が出るのに時間がかかります。肌質を考えて当てる脱毛器の出力を変えますから、1回でツルツルピカピカなんてまずありえません。また、iラインだけを脱毛するのか、vライン(ビキニラインと呼ばれ、下腹部からソ頚部にかけて)も脱毛するのか、oライン(お尻の穴周り)も脱毛するのかでその時間は一気に変わります。

もちろん、価格を考えたら回数がかからないのに越したことはありませんが、その後の事後処理や肌トラブルを考えたら適正な回数で行う方がいいといえるのではないでしょうか。

剃ってはいけない?

iラインを剃ってはいけない理由は、粘膜部分が近く特にデリケートな部分である事が挙げられます。

一番大事というだけあって、毛は髪の毛のように濃く強いのが特徴なんですね。

iラインを剃ってはいけないというのは、カミソリのような鋭利なものを使う事。深剃りしすぎて肌を傷めてしまう恐れがありますから、剃るにしても電気シェーバーの方がおすすめです。また、もっと肌に負担がかかるのが毛抜きなどを使って抜く事です。

Fotolia_81753084_XS-min

炎症を最も起こしやすいといわれており、埋没毛や色素沈着といった肌荒れを起こすだけでなく、細菌などの侵入も許してしまう恐れがあります。

デリケートな部分なので、こういった炎症を起こし真っ赤になっちゃうなんていうのは避けたいものですね。セルフケアする際には肌を充分清潔にし、こういった肌トラブルを起こさないよう留意したいものです。

毛深い場合の処理方法は?

iラインの毛の量があまりに多いと、最近のサロンなどでは処理をお断りされる事がとても増えてきたといわれています。そうならない為には、まず自身でなるべく処理をしていった方がいいかと思いますが、やり方が分からないというのが本音。

そこで今回は、なるべく肌トラブルを起こさないで済む方法を探してみました。

まず第一に、ハサミなどでボーボーな部分をある程度カットしてしまいます。

iラインは特にデリケートなので、カミソリは使わないのが賢明です。今回は電気シェーバーを使ったやり方なので、絡まったりしないようなるべく最初にカットしちゃいましょう。そしてある程度カットしたら、床屋さんで男性がひげ剃りをする時のように蒸しタオルなどで温め、毛を柔らかくします。

毛が少しふんわりになったら、あればアンダーヘア用のクリーム、無ければワセリンのような刺激の少ないクリームをシェービングクリーム代わりに塗布し、電気シェーバーを使って処理します。

間違っても、お父さんやパートナーの電気シェーバーでしちゃダメですよ。

Fotolia_77914532_XS-min

また、どこかしら痛みが生じたりした場合もおすすめしません。これはあくまでもサロンに行く前の下処理として考えていてください。

iラインのムダ毛処理方法は脱毛?【黒ずみや臭い対策も!】のまとめ

iラインの脱毛処理は他のOやVゾーンに比べてもっとも慎重に行う必要があります。無理に行ってしまうと傷ついたりしてしまい逆効果になりますので、iラインの処理を行う場合には恥ずかしくてもプロにお任せした方が良いでしょう。

男性におすすめの記事

More
Return Top