ナヤミックス.biz

ナヤミックス.biz

乳首(乳輪)がピンクにならない原因は【色素沈着が原因?】

乳首(乳輪)がピンクにしたくてもならないのは色素沈着が原因なのでしょうか?乳首(乳輪)をピンクにするにはどんなクリームやどこのクリニックがおすすめなのでしょうか。

Fotolia_72492033_XS-min

乳首(乳輪)をピンクにする方法としては、専用のクリームで自分で対策する方法からクリニックへいって専門的な治療をしてもらう方法などがありますが、乳首(乳輪)をピンクには根気のいる対策になります。

乳首(乳輪)がピンクにならない原因は?

普段見せることがない部分だとしても、ちょっとしたことで恥ずかしいと感じたり悩んだりすることがあります。

恥ずかしいと感じてしまう症状の一つとなるのが、乳輪や乳首が黒くなってしまうことです。

Fotolia_54715902_XS-min

通常、乳首や乳輪はピンク色しているけれども、何かしらの原因によって黒くなります。元に戻ってくれるのなら良いけれども、しかしなかなか元通りにならないことがあります。

なぜ黒くそして戻らないのかというと、それはいくつかの原因があります。

まず黒くなってしまう原因となるのが、ホルモンバランスの乱れや変化、そして刺激です。ホルモンバランスが乱れたり変化すると、メラニン色素が多くなってしまう現象が起こります。

ホルモンバランスの影響は弱い部分に出てしまうため、乳首や乳輪が影響受けてしまい黒くなります。

また、刺激でもメラニン色素が多く発生してしまい、色素沈着することがあり、乳首や乳輪が黒くなってしまう現象が起こります。どのように刺激を受けるのかはその人それぞれですが、多いのが下着が合わないなどの物理的な刺激です。

どちらにしても解消できないわけではないけれども、原因自体を解消できないと元通りのピンクにならないので、ピンクにするためには原因をなくすようにしてください。

乳首(乳輪)をピンクにする方法は?

乳首や乳輪がピンクではなく黒に近い状態になっていると恥ずかしいと感じてしまい、何とかしてピンクにしたいと考えるようになります。

ピンクにする方法がないことはありませんが、しかし方法を正しく行わないとピンクにはなりません。

ではどうするとピンクにすることができるのでしょうか。

Fotolia_63929444_XS-min

ピンクにする方法で大事になるのが、ホルモンバランスを整えることです。

乳首や乳輪はホルモンバランスの影響を受けやすい部分の一つで、ホルモンバランスが崩れることによって黒くなってしまいます。

妊娠した時に黒くなってしまうのが、これが原因としています。

Fotolia_42624019_XS-min

妊娠だけでなくいろんな影響によってバランスを崩してしまいますので、まずはバランスを整えることがオススメです。バランスを整える方法として有効なのが、生活習慣の改善です。生活習慣が乱れてしまうことによって、ホルモンバランスが崩れていきます。

生活習慣の改善は生理不順も整えるためにも必要としていますし、健康を維持するためにも必要です。

また、乳首や乳輪だけでなく、顔の肌にも大きく影響してくるため、女性にとって生活習慣改善は美容のためにも必要としていることです。いろんな目的のためにも生活習慣の改善をしてみてはいかがでしょうか。

食事で対策する方法は?

ピンク色の乳首や乳輪にするためにも食事を変えることも必要となってきます。

食事で全てが変わるわけではないけれども、しかしどんな食事をしているのかによって原因を作るようになりますし、また改善できるのかどうかも違ってきます。そこで知りたいのが、どのような食事にすると改善できるのかです。

改善するための食事としてオススメしたいのが、栄養バランスが整っている食事を3食きちんとすることです。

Fotolia_50457922_XS-min

なぜ栄養バランスが整っていなければいけないのかというと、それは肌のターンオーバーが正常にできるようにするためです。黒くなる原因としているのが、刺激やホルモンバランスの影響による色素沈着です。

色素沈着するのかしないのかはターンオーバーが正常にできているのかどうかで決まってきます。正常にできていると色素沈着しにくくなりピンク色を維持できますし、また黒くなった場合は改善できる可能性が高まってきます。

そしてターンオーバーが正常にできるようになると、顔の肌にも良い影響を与えてくれます。

Fotolia_81250705_XS-min

食生活の改善は、いろんな意味で必要としていることですので、ぜひ食生活の改善をしてください。食生活だけでなく睡眠の改善や運動不足解消も効果的なため、一度自分の生活を見直しして改善してみてはいかがでしょうか。

おすすめクリームは?

乳輪や乳首をピンク色に戻す方法は色々とあります。

改善する方法で食事や睡眠など自分を変える方法もありますし、外部から改善する方法もあります。外部から変える方法になるのが、クリームを使用する方法です。

Fotolia_81539432_XS-min

肌のシミと同様で乳首の色が黒くなってしまうのは色素沈着が一つの原因となります。

色素沈着を改善する方法の一つとして、クリームを使用して美肌にすることが有効な手段になります。乳首や乳輪も最初から黒くなっているわけではなく、今までの生活によって黒くなってしまっています。

改善できないわけではなく、生活の改善をしたり外部から色素沈着を改善できる方法を行えば改善できるようになります。販売されているクリームには、色素沈着を改善できる商品があります。顔の肌の商品でも乳首や乳輪にも使用することができますし、専門の商品もあります。

クリームをは確実に改善できる方法ではありませんが、効果が期待できる方法の一つですので試してみることをおすすめします。

Fotolia_76229235_XS-min

ただし、色素沈着する原因を取り除かなければ、頑張ってクリームを使っていても改善しない可能性が出てきます。色素沈着させている原因を取り除きながらクリームを使い目指している色になれるよう努力してみてください。

クリニックでも改善できる?

乳首や乳輪の色が黒くなってしまい、ピンク色に戻したいと考えている場合は、改善する方法を行っていくことが必要です。

ただ、改善できる方法を行っていても確実にできるわけではなく、なかなか改善できない場合があります。なかなか改善できない場合におすすめしたいのが、クリニックです。

クリニックはピンク色に戻す治療があります。

薬による治療する方法もありますし、レーザーによる治療の方法もあります。自分で改善できない場合には、他の人の力を借りるようにすることも必要となります。

ただし、クリニックで改善するとなるとある程度お金が必要としてしまいますので、その点を理解しなければいけません。

Fotolia_46495945_XS-min

病気なら保険適応されるけれども、乳首や乳輪の色を変えるだけになると、これは病気治療ではないので保険適応外となります。全て自分が負担しなければいけなくなり、ある程度のお金が必要です。

Fotolia_91320372_XS-min

金銭面で無理してしまうと後が大変となりますので、無理しない程度でできるのかどうかを確かめてから、クリニック治療するのかどうかを決めるようにしてください。また、クリニックによって料金が違ってきますので、料金面でクリニックを選ぶことがも大事ですので覚えておきましょう。

ピンクに戻した口コミは?

乳首や乳輪をピンク色に戻す方法は色々とあるけれども、どの方法が実際に戻せたのかどうかが気になります。

実際どうなのかを知るために必要としているのが口コミです。口コミは実際行ってどうなのかを第三者に教えるための方法ですので、参考になります。では、乳首や乳輪をピンク色に戻した方の口コミはあるのでしょうか。

実際にいろんな方法を行った人の口コミは存在しているけれども、多いのが商品に対しての口コミです。

クリームなど色素沈着を解消できる商品を使った場合どうだったのかの口コミとして多く、解消できている人もいますし、解消できていない人もいらっしゃいます。

Fotolia_68606550_XS-min

方法としての口コミもありますが、これもまた良かったり悪かったりと色々です。

商品に対してもそうですし方法もそうなのですが、そもそもの原因を取り除かなければピンク色に戻すことは難しいと考えることが必要です。そこができているのかできていないのかによって違ってきますので、ピンク色に戻すためにも原因を取り除きながらピンク色にする方法を実行していきましょう。

また、方法によって自分に合わなくてトラブルが発生することもあります。

トラブルが発生してしまうのかどうかはその人次第となりますので、トラブルが出ない方法かどうか確かめることも必要です。

乳首(乳輪)がピンクにならない原因は【色素沈着が原因?】のまとめ

色というのは気になるととことん気になってしまいます。乳首(乳輪)の色というのは生まれ持ったものもありますので、ピンクに対策できないこともあります。

男性におすすめの記事

More
Return Top