ナヤミックス.biz

ナヤミックス.biz

VIO脱毛は恥ずかしくて痛いの?【効果的な回数と期間は】

VIO脱毛をする女性は年々増えてきていますが、VIO脱毛は恥ずかしいや痛みなどが心配という方も多いのが実情です。また方法としては医療レーザーがありますが、必要回数と期間はどれくらいなのでしょうか?

Fotolia_68312074_XS-min

VIO脱毛といえば、まず恥ずかしいという事が思い浮かびませんか?大事な部分を見られる脱毛なんて、考えられないと思うかもしれませんが、実際はそんなことはありません。またVIO脱毛は痛いというイメージもあるかもしれませんが、実際は?効果的な方法から回数と期間などをあわせてご紹介しています。

VIO脱毛とは?

薄着になる季節に関わらず、女性にとって無駄毛はとても気になりますよね。

まず、無駄毛と一言で言っても様々です。

腕や脚だけでは無く、ビキニラインも無駄毛が多い場所になります。

Fotolia_68770524_XS-min

特に、水着を着用した時に気になるのがVIOラインです。

Fotolia_68312119_XS-min

VIOとは、ビキニライン~デリケートゾーン、お尻の周りを指しますが、下着や水着を着用した時に、無駄毛がはみ出てやすい正面から見える太ももの付け根付近がVラインになります。

参考⇒vラインは脱毛方法によってかゆみがでる?【黒ずみに注意!】

そして、股の部分で真ん中にあたる、デリケートゾーンに近い場所が、iラインと言います。

参考⇒iラインのムダ毛処理方法は脱毛?【黒ずみや臭い対策も!】

更に、普段気が付きにくいお尻の穴の周りをOラインと言います。

Fotolia_85795824_XS-min

参考⇒oラインの脱毛はクリーム?【シェーバーを使う方法は危険!】

これらを総称してVIOと言いますが、最近ではモデルさんや芸能人の方でしたら、体に密着するお洋服を着られる機会も多いので、当たり前に脱毛されているそうです。

そして、一般の方でも、デリケートゾーンの不快感を取り除く為や、一年を通して快適に過ごす為に、時期関係なく脱毛される方も多く見られるようです。

VIO脱毛はどこでするの?

VIO脱毛は施術の方法により、様々な場所で受ける事ができます。

Fotolia_76229235_XS-min

例えば、永久脱毛等は医療レーザーを使った施術が中心となりますので、医療機関や皮膚科や美容整形外科で行っています。皮膚の弱い方等にはこのような医療機関でのVIO脱毛が、アフターケアの面でも安心ですのでオススメかもしれません。

そして、最近とても流行しているのが、痛みも少なく、金額もリーズナブルと言われるフラッシュ脱毛や、海外ではポピュラーと言われるワックス脱毛です。

特にフラッシュ脱毛に関しては、医療機関で行うVIO脱毛とは違い、使う機械の出力も弱く設定されているものが多い様です。

そして、これらの脱毛は脱毛専門サロンやエステサロンで施術を受ける事ができます。

脱毛専門サロンですと、女性スタッフが中心となり、時期によってはキャンペーン価格でお値打ちに施術が受けられるサロンも沢山あります。

Fotolia_42974683_XS-min

最近では、店舗数もかなり増えている人気の脱毛サロンが沢山ありますので、もし、VIO脱毛が初めての方でしたら、先ずはご自身に合ったサロンが見つかるまでお試しで予約されるもの良いかと思います。

医療レーザーについて

VIO脱毛は昔医療レーザーが大半を閉めていました。医療レーザーは永久脱毛の流行で日本の医療機関で多く導入されてきましたので、まず、70年代後半以前に生まれた方でしたら、脱毛=レーザーが浮かぶのではないでしょうか?

特にバブル全盛期は、ボディコンやTバックの流行がありましたので、VIOラインの脱毛は女性にとって深刻な問題だった訳です。そして、その時代の女性はこぞって医療レーザー脱毛でVIOラインを永久に無くすべく、高い金額で脱毛した訳ですが、あまりの痛みに途中で断念してしまった方も多いと聞きます。

Fotolia_82473917_XS-min

当時は、早く確実に効果を得られる脱毛が求められていましたから、脱毛効果を上げる為にジュール数と呼ばれるレーザーの出力を上げて照射していた様ですので、やはり痛みがあって当たり前、レーザー脱毛は痛いものだと皆さん我慢していたのではないでしょうか。

現在では、やはりVIOゾーンになるべく痛みの負担をかけずに脱毛できるレーザーの機械が増えてきました。

例えば、エリートアポジーや、アポジーエリートと言われる機械ですが、最新の医療レーザーとしては質がとても高く、進化しているので人によっては全く痛みが気にならない方もいるかもしれません。

最近、ソプラノレーザーと言う機械もありますが、体感として、弾く痛みよりか全体にじわっとくるような痛みだそうです。

昔のようなバチッと鋭い痛みは感じ難くなっているかと思います。金額の面では少々高くなりますが、軽い痛みを伴っても、確実に脱毛したい、安全に医療機関で脱毛を行いたいと言う方には、レーザー脱毛が向いていると言えるでしょう。

でもやっぱり痛い?

VIO脱毛に関して気になるのは、それに伴う痛みだと思いますが、これにはかなり個人差がある様です。まず、日本人の毛の質はメラニン色素を多く含み、人それぞれ違います。体毛の薄い方に比べると、体毛の濃い方はVIOラインの毛も太くて固い傾向にある様です。

そこで、体毛の濃い方の方が医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛を施した時に、メラニンに強く作用しますので、その分輪ゴムを体に弾いたような痛みを、瞬間的に強く感じる場合もあるようです。しかし、医療レーザーに関してはフラッシュよりも出力が強いので、脱毛まで効果は早い様ですが、痛みもフラッシュに比べますと、多少強いものになる様です。

VIOラインは体の他のパーツよりも大変デリケートで皮膚も柔らかい部分になります。

Fotolia_68002508_XS-min

特に女性は生理がありますので、生理周期には皮膚が敏感になり、脱毛も際に痛みを普段よりも感じ易くなったりする事もあるそうです。それから、体調や体質によっても人それぞれ痛みの感じ方は違いますので、無理の無いご自身に合った脱毛方法を選ばれるのがベストではないでしょうか。

回数は?

VIO脱毛は、施術から直ぐに効果が現れるブラジリアンワックス脱毛以外は、医療レーザーでも、フラッシュ脱毛でも何度か回数を重ねなければツルツルにはなりません。どのくらい施術を行うのか、回数も個人差があります。それは、脱毛の範囲や毛の質が関係してきます。

例えば、フラッシュ脱毛の場合、範囲の広い方でも、最近は一度に多くの施術を行える機械を導入されている脱毛サロンもあるようですが、基本的には沢山の範囲にフラッシュを照射しても、毛の濃くて固い人には数回のアプローチが必要になってきますので、回数は重ねて行うのが基本になっています。

毛の少ない、薄い方でも最低で5回~10回程度は日にちを分けて施術を行いますし、濃い方に至っては完全にVIOの無駄毛を整えるには、10回~20回以上は照射を行ったりします。

その点、医療レーザー脱毛や、ブラジリアンワックス脱毛に関しては、一度でかなりの効果が期待できますが、やはり痛みを強く感じる方が多いので、時間の無い方や、痛みに強い方に向いているかもしれません。

期間は?

VIO脱毛は施術からどの位の周期で再び通ったら良いのか気になる部分ですよね、これは脱毛の方法にもよりますが、一般的にフラッシュ脱毛を行った場合を例にしますと、見た目完璧にツルツル状態で脱毛されても、2~3週間程でチクチクと毛の生えてくる場所が現れてくるようです。

Fotolia_85796390_XS-min

しかし、この場合は全ての毛根から同じ様に毛が生えてくる訳ではありませんので、メンテナンスの時期を迷うわけです。

脱毛に興味のある方でしたらご存知かもしれませんが、

無駄毛には、

  1. 成長期
  2. 後退期
  3. 休止期

と言うものがあります。

Fotolia_48936272_XS-min

説明を簡単にしますと、成長期の毛は毛母細胞が活発になり毛が成長しようとしている状態ですので、この時期にフラッシュのアプローチをかけた場所に関しては、生えて来るのが遅くなる訳です。

ちなみに、後退期や休止期のように成長がほぼ終わっているものに関してフラッシュをアプローチしても、すでに抜けやすい状態になっているので、スルッと抜けても生えて来るのも早くなる様です。

Fotolia_78623045_XS-min

この周期だけは、生えて来なければわかりませんので、もしもVIO脱毛された時に、少しでもチクチクとしてきた場所があるのなら、その時点で豆に脱毛サロンにいかれるのが良いかもしれませんね。

恥ずかしい?

全身脱毛の中でも特に恥ずかしい場所にあるVIOラインですが、今では若い女性や男性は当たり前のように脱毛専門サロンや医療機関を利用しています。VIOでも特にIラインや、Oラインが恥ずかしいとおっしゃる方が多い様です。

Fotolia_70483334_XS-min

基本、Vラインに関しては仰向けになり、足を揃えた状態で施術しますが、紙パンツやタオルをかけてもらった状態で、全部脱いで施術するサロンは少ないみたいです。

そして、少し奥になるIラインですが、ここは片足の膝を真横に開けたような格好で脱毛します。中には両足の裏をぴたっとくっつけて両方開く方法もあるようですが、片足づつ開きながら紙パンツやタオルの間から施術するのが一般的みたいです。

Oラインに関しては、うつ伏せや四つん這いと言われていますが、これも紙パンツやタオルをかけてもらい、その隙間から手早く照射して頂けますので、恥ずかしいと言うよりもあまりの手際の良さに、一瞬で終わってしまう感覚に近いかもしれません。

脱毛のプロにかかればVIO脱毛も、正直はずかしいと思う暇が無いと言った感じです。これは体験してみるしかありませんし、一番恥ずかしいのは、やはり無駄毛をそのままにしておくことです。恥ずかしさで躊躇されている方なら是非トライしてもらいたいです。

男性でもVIO脱毛する?

VIO脱毛と言えば、女性だけのものと思われがちかもしれませんが、最近では男性の方も無駄毛の処理をされている方が増えているようです。ここ数年は、女子力の高い男性が注目されていて、一昔前の様に毛むくじゃらの男性が男らしいと言われていた時代は、もう終わったのかもしれません。

Fotolia_83643544_XS-min

男性でも脛や、腕の毛を完全に処理されている方が増えましたが、それに伴い下腹部の体毛もきちんと処理する方が増えたのです。

下腹部の毛と言えばへそ回りから下にかけてですが、そこはVIOラインへと繋がる場所になりますので、自然と処理をされた方が清潔感もありますし、彼女のいる方は特に気にされる部分かと思います。

男性のVIOラインは、女性のようにツルツルの肌を目指すものでは無く、適度に男らしさを残しつつ、男性器の回りを整えるイメージのデザインが人気のようです。勿論見た目を美しく整えるのに男性のVIO脱毛はお勧めですが、皮膚が蒸れやすく、かぶれ易い方ですと、VIO脱毛する事によって通気性が良くなりますから、痒みの原因を軽減するのにも良いでしょう。

Fotolia_90380633_XS-min

男性がひげを毎日剃るように、VIOも日々無駄毛との戦いです。うっかり忘れないように、脱毛サロンを予約しておくのも良いかもしれませんね。

VIO脱毛は恥ずかしくて痛いの?【効果的な回数と期間は】のまとめ

VIO脱毛は特別な人が行う脱毛というイメージがありましたが、今では多くの女性が行っているのが現状です。これからもっと流行ってくるVIO脱毛なので、是非チェックしてくださいね。

男性におすすめの記事

More
Return Top